運転免許の区分と種類について

自動車を運転するには運転免許証が必要になりますが、その区分は以前に比べて随分と細分化されるようになりました。自動車の大きさにも様々な種類が存在しており、自動車の教習で扱うことの無い様なサイズの車両を運転するケースもあった従来の方式から転換を図り、事故の防止に努めるのが目的とされています。以前は普通免許と大型免許の二種類が軸となっていましたが、現在ではこの普通免許は中型限定免許という位置づけとなりました。現在新規で免許を取得しようとする場合には小型免許、中型免許、大型免許の3種類の中から選択する方式に変わってきています。
また、それぞれの免許証には通常の運転で使用できる第一種免許と、事業として使用できる第二種免許の二種類が存在しています。事業の種類によっては緑色のプレートの車両を運転しなければならないのですが、その際に使用するのが第二種免許です。免許を取得するためには一種の免許を取得してから3年以上の運転歴を有していることや、色盲でないこと、十分な視力と聴力があることなど、対価を得て旅客に対するサービスなどを提供する場合に必要になってきます。業務上必要な場合には取得sて運転しなければ重大な違反となるため注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿