中型自動車の免許取得について

車両総重量5000キロ以上、11000キロ未満、最大積載量3000キロ以上、6500キロ未満、乗車定員11人以上29人以下の乗用車は、道路交通法では「中型自動車」と規定されています。中型自動車は、コンビニやスーパーなどの「ルート便」、通常のバスより小型の「マイクロバス」など、実に様々な用途に用いられており、現在の日本には欠かすことが出来ない自動車です。そして、この中型自動車を運転するには、中型自動車免許を受ける必要があります。この免許を取得するには、年齢が20歳以上で普通自動車免許、大型特殊免許のいずれかの免許を受けていた期間が通算して2年以上経過していることが必要です。最寄りの自動車教習所に通うか、自分の住んでいる地域を管轄している運転免許試験場に行き、試験を受けることで免許を取得することが出来ます。運転免許試験場で試験を受ける方が割安ですが、試験の難易度が高く合格率が低いため、割高でも自動車教習所に通った方が楽に免許を取得出来ます。自動車教習所での教習は、学科教習1時限、技能教習15時限の計16時限です。オートマチック限定免許の場合は、技能教習が19時限に増えます。自動車教習所を無事に卒業すれば、晴れて免許を取得することが出来ます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿