トランスミッションオイルの点検の重要性

車を安全に走行させるには、メンテナンスが欠かせません。メンテナンスというと、エンジンオイルやタイヤ交換が代表的です。実際、多くの方がガソリンスタンドなどで交換を促された経験を持っていると思います。しかし、その他にも定期的に交換すべきものがいくつかあり、そのひとつがトランスミッションオイルです。トランスミッションオイルは、数多くのギアが絶えず動いているミッション内部を満たすことによって、摩擦を減らし、ギアを円滑に回すだけでなく、痛みが生じるのを防ぐ役割も果たしています。そのため、トランスミッションオイルが劣化するとギアの故障にもつながり、これを防ぐためには定期的に点検することが必要です。さて、交換時期の目安ですが、一般的には2万キロが目安となっているようです。しかし、乗り方や用途などによって適切な交換時期は変わってきます。たとえば、サーキットでの走行など、負荷の大きい走行を頻繁にする場合は1万キロ前後からトランスミッションオイルの劣化が生じるケースもありますし、そうでない場合でも交換時期にはバラつきがあります。また、交換方法も比較的難しいので、よほどのこだわりがない限りは点検から交換までプロに一任した方が無難といえます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿