トランスミッションオイルの交換方法

トランスミッションオイルは、ギアオイルなどともよばれますが、エンジンオイルなどにくらべると、それほど劣化がはげしいわけではないので、ひんぱんに交換する必要まではありません。
しかし、やはり部品が削れて金属の粉が溜まるなどして劣化することはありますので、おおむね3万キロや5万キロ程度を走行したあたりで交換するのがよいとされています。
この交換時期については、きちんとした決まりごとはないため、だいたいの目安ですが、ふつうの市街地走行ではなく、スポーツ走行のような過酷な環境下でクルマを用いる場合には、早めの交換のほうがよいかもしれません。
トランスミッションオイルを交換するにあたっては、まずはクルマをジャッキアップして、トランスミッションケースが点検できるような状態にしておかなければなりません。
ケースの底部には、オイルの排出口があるため、レンチなどを使ってドレンボルトをゆるめて、なかにある古いオイルを排出します。
その後、ドレンボルトをふたたび締めて、こんどはケースの側面の注入口にあるフィラーボルトをゆるめ、ここに漏斗などを使って新しいトランスミッションオイルを注ぎ込み、ふたたびボルトを締めれば作業は完了となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿