トランスミッションオイルの選び方のポイント

トランスミッションオイルはミッションオイルとも呼ばれ、MT車のミッション内部で潤滑剤として働いています。エンジンオイルのように高温にさらされるわけではないので劣化の進みは遅いのですが、定期的に交換が必要です。その目安はだいたい走行距離5万キロ程度です。もし交換を怠った場合、走行時に金属片がオイルの中に混入してしまい、それがギアの傷やギアへの挟まりにつながってギアの磨耗や損傷につながる恐れがあります。遅くとも10万キロを超える前には確実に交換を行いましょう。
交換する際、トランスミッションオイルには様々な種類があるため迷ってしまうかもしれませんが、基本的な選び方としては、純正品と同じかそれと同じタイプのものを選べば間違いありません。種類によってオイルの粘度などが異なるため、合わないものを使ってしまうと走行性能に影響してしまう可能性があるので、適当に選ぶことはやめましょう。
交換方法が難しそうだというイメージがあるかもしれませんが、作業が苦手な方はディーラーに頼んでしまえば楽ですし、自分で行うとしてもあらかじめ準備をしておけばさほど難しい作業ではありません。下から古いオイルを抜いて、上から新しいオイルを入れるだけです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿