レーダー探知機ってどんなもの?

レーダー探知機とは、速度取り締まりのオービスなどで使われているレーダーをキャッチし、知らせてくれる機器のことです。緊急車両の無線などもキャッチすることができます。ついしてしまいがちな速度超過を防ぎ、安全運転をサポートしてくれる便利な機器であると言えます。
現在様々な種類のものが販売されていますが、これには大きく分けてGPS付きレーダー探知機とGPS無しレーダー探知機の二種類があります。この種類によって反応できる取り締まり機が異なります。まず登場したのはGPS無しレーダー探知機です。これはレーダー波を発射しているタイプの取り締まり機には対応していますが、ステルス型などの発射方法が特殊な機器には反応することが難しいという特徴があります。その問題を解決すべく登場したのがGPS付きレーダー探知機です。ループコイル式やLHシステムなどレーダー波を発射しない取り締まり機にも反応することができます。このような取り締まり機は固定型であるため、位置情報をあらかじめインプットすることで対応が可能となりました。そのため新しく設置された取り締まり機には反応できないため、半年から一年の頻度でデータの更新を行うとより便利です。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿