レーダー探知機の取締機の使い方

レーダー探知機をあらかじめ自分が運転する自動車に設置しておけば、レーダーによる取締機が設置されている場所を見つけることが可能です。具体的には音声やアラームなどで近くにあることを知らせてくれます。

特にスピード違反による取り締まりは、事故に繋がるケースも多い為、全国でも警察が熱心に取り締まりを行なっています。多くはレーダーを使って計測するので、レーダー探知機を設置しておけば安心でもあります。

ただ実際には取締機の種類によっては、レーダー波を発しないタイプの取締機も存在しており、探知機を設置したからといっても安心と言うまでは行きません。そのため、レーダー探知機の効果的な使い方としては、始めに探知機の種類を押さえることが肝要です。

大きく分けてGPS無しとGPS有りのレーダー探知機の2種類に分かれます。前者のGPS無しのレーダー探知機だとレーダーを使用しない取締機に対応していないこともあり、場合によっては見つけられないケースがあります。

またステルス機能だと見つけにくいこともあります。そのためGPS有りのレーダー探知機であれば、こういったレーダーを発しない取締機の位置情報をGPSによって掴めているので、それに接近したら告知してくれます。

定期的にデータを更新することで、明確に位置情報をキャッチすることが出来ます。また併せて緊急車両が接近すると教えてくれるカーロケシステムも搭載しておくと万全な対策にも繋がります。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿