妊婦がシートベルトをしない場合

シートベルトは装着することが義務化されていますが、妊娠中であることにより、妊婦が座席べルトを装着することが健康保持上適当でない場合には、道路交通法第71条の3第1項及び第2項のやむを得ない理由として装着義務が免除されています。これを勘違いして、妊娠中であればベルトをつける必要がないと考えている人も多いですが、これは早産などの危険性がある人や、臨月でベルトを巻くとお腹を圧迫して胎児に影響がある可能性が考えられるケースなど、一部の人に限られています。また、近年ではエアバッグが助手席にも着いていることから、万が一事故に遭った場合のリスクを考慮して、妊娠中であってもベルトを装着しておいた方が結果的に安心であるという風潮もあります。

そのため、上記のような正当な理由があった場合には、違反と判断されたときに抗弁することもできますが、妊娠中でつわりが苦しいなどの理由でベルトをせずにいるのはあまり適切ではありません。母子手帳を持っていても、お腹がそれほど目立たず、状態がよいという場合には、やはり違反と認められるケースがほとんどです。なお、ベルトの違反は1点の減点ですので、ゴールドの免許はブルーになりますが、更新期間は変わりません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿