荷物室のプライバシーを守れる、トランクの存在

ミニバンなどは、座席と荷物室が一体型になっているデザインが一般的です。
ミニバン、ハッチバック、ワンボックスカーなどがこれにあたります。これらの特長は、収納力の大きさと、車内空間の広さです。乗車可能な人数も多めで、余裕を持って乗ることができます。また、座席を倒せばさらに荷物を置くスペースを広げることができるので、引っ越しなどにも使うことが出来ます。
しかし、荷物室と座席部分が区切られていないので、荷物が外から見えてしまうなど、プライバシーが守られにくい可能性もあります。
一方、セダンなどトランクとして荷物が区切られているタイプでは、荷物が外から見えず、プライバシーを守りやすいです。貴重品を車中に置いて行きたい時にも重宝します。防犯効果が期待できるという事です。
最近ではプライバシーガラスで外から車内が見えづらくなっている車種が増えていますが、完全に見えないわけではありません。見えないように荷物を置きたいという人は、セダンタイプなどが便利でしょう。
セダンタイプでも、後部座席を倒せば走行中でも荷物が取り出せるようになっているタイプもあるので、ミニバンとセダンの中間として使いたい人にはそのような車種が便利に使えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿