免停中に運転したら生じるペナルティって?

交通違反をして一定の累積点数が溜まれば、免許停止処分を受けてしまいます。
この処分を受けてしまうと当然運転をすることができません。
しかし中には、免停中にもかかわらず運転してしまう人もいるようです。

安全運転をしていれば警察に捕まる心配もないから大丈夫、という甘い考えからきているようです。
確かに捕まるような行いをしなければ、問題ないように思えるかも知れませんが、もし事故などをおこして捕まってしまった場合は大変です。

免許停止処分を受けているということは、無免許で運転しているのと同じ事になります。
そのため、無免許運転で一発で免許取り消し処分になってしまうのです。
刑事処分による50万円以下の罰金刑や、行政処分によって運転免許取り消し、再取得できるのは1年以上かかる上に、高額な取り消し処分者講習を受講する必要があります。
無免許で起こした事故は、犯罪行為となり保険が適用されないことがあります。
2度目、3度目の無免許運転で、事故を起こした場合は3年以下の懲役刑になる可能性もあります。
また運転者以外の同乗者においても、免許停止処分中であることを知りながら、車を貸してその車に同乗した場合は無免許運転幇助という助罪になる場合があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿