ライトが運転中に切れてた場合

車を運転する時は、事前に整備不良がないかどうかチェックしなくてはいけません。
ライトが切れている状態で運転している場合は、整備不良とみなされ交通違反になってしまいますので、しっかり点灯しているかを点検しておく必要があります。
しかし、車に乗る前に点検していても走行中に切れてしまった場合はどうなるのでしょうか。
そのような時は、警察に捕まっても事情を説明することで注意だけで済む場合がほとんどなようです。
乗る前に点検したけれど、運転中に切れてしまったと伝えましょう。

しかし中には違反は違反と反則金をとられてしまうこともあるようです。
たとえば片方だけでなく、両方とも切れてしまっているような場合は違反とみなされるようです。
片方だけなら走行中に切れてしまうことも考えられますが、両方となると車の電気系統になんらかの不備があると考えられるからです。

運転中に、気付かないで走っていると近くの車が親切に教えてくれることもあります。
切れていることがわかったら、最寄りのガソリンスタンドや自動車販売店などですぐ交換してもらいましょう。
メーカーや種類によって電気の寿命が異なりますが、電気が切れてしまうのは仕方のないことなので、警察の質問には正直に応えるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿