交通違反の点数制度と行政処分の関係について

自動車を運行する者が交通違反をおかしたり交通事故を起こしたりすると、反則金を納めなければならない場合があります。その度合いが重度である場合には、反則金ではなく(刑事罰としての)罰金を納めることが求められることもあります。しかしそれに加え、交通違反や交通事故に対しては、点数が付けられます。1回の事故や違反で、もしくは複数回の事故や違反で点数が累積してある基準に達すると、行政処分(運転免許証の停止や取り消し)の対象となります。
このような交通違反の点数制度においては、過去3年間の累積点数に応じ、免許の停止や取り消しが執行されます。ただし、ある違反をおかしてから無事故無違反を1年間続けることができれば、これがリセットされてゼロに戻ります。しかし、1年以内に再び違反をおかせば、それが累積していきます。
免許の停止や取り消しの実施対象となるのは、次のような場合です。例えば、過去3年間に免許の停止や取り消しを受けた経験のない人(前歴が0回である人)の場合は、6~8点で30日間、9~11点で60日間、12~14点で90日間の免許停止、そして15点以上で免許の取り消しとなります。また、前歴1回の人の場合は4点に達した時点で、また前歴2回の場合には2点に達した時点で、その対象になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿