交通違反のキップの種類:青キップと赤キップ

公道上を走行中に道路交通法に違反する行為をして検挙された場合、運転者は青切符か赤切符のいずれかが交付されることになります。
青切符は、交通違反の内容が比較的軽いものだった場合に使われるもので、正式には「交通反則告知書」といいます。警察官にこの切符を提示された場合は、違反内容に応じた反則金の納付を済ませれば、刑事手続に移行すること無く事件の処理が終了となります。ほとんどの違反者は反則金を納付して刑事手続を回避していますが、ごくまれに反則金の納付を拒否して裁判で争う者もいます。
一方、赤切符は、交通事故を起こした場合や、重大な交通違反を行った場合、飲酒運転中に交通違反を行った場合に使用されるもので、正式には「交通切符」といいます。この書面が交付された場合は、その道路交通法違反事件は刑事手続によって処理されることになり、運転者は正式裁判を受けるか、略式裁判を受けるかのどちらかを選ぶことになります。赤切符を交付された多くの運転者は略式裁判を選択しており、交通裁判所に指定されている簡易裁判所に出頭して、その日のうちに取り調べと裁判を受けて、罰金の納付を済ませています。
青切符と赤切符は、違反内容に応じたお金を支払わなければならない点では一緒ですが、赤切符の場合は交付された運転者に前科がつき、青切符は反則金を納めれば前科がつかないという違いがあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿