交通違反に関するよくある質問特集

a0002_005111交通違反とは、一般的に道路交通法に違反することをいいます。
スピード違反・駐車違反・携帯をしながらの運転は・シートベルトを着用しないでの運転・飲酒運転等はこの法律のれっきとした違反なります。

違反すると罰金の金額と点数が定められています。
違反をすると切られる切符は青切符と赤切符があります。
違反のうち、比較的軽微なものについては、法律違反ではありますが、青切符を交付し、反則金を納付することで、起訴されないことになっています。つまり前科者にならずに済んでいるのです。
赤切符の場合は、検察からの呼び出しを受け、取り調べを受けることになります。
その結果、懲役刑と罰金等の罰則をうけることになります。

道路交通法は公道を対象としていますので、一般道路においては、様々な規制が掛けられています。
スピード違反や駐車違反などです。

道路交通法は公道が対象ですので、私有地は対象外かというとそうでもなく、私道であっても、人や車が自由に通行できる場所は道路交通法の道路として取り締まりの対象になります。
例えばスーパーの駐車場は、誰でも出入りすることが出来ますので、公道扱いになり取り締まりの対象の道路となります。
道路交通法の対象外の道路とは、一般人が立ち入りできない道路を言います。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿