こまめに休憩をとることの必要性とは

居眠り運転は、自分だけでなく他人をも巻き込む交通アクシデントにつながりかねない、非常に危険な要因です。ですから車を運転する時には、安全運転に気をつけると共に、これを予防することにも留意する必要があります。特に長い距離を運転すると言う場合、これは強く言えることです。そのために心がけたいのが、こまめに休憩をとることです。長時間の連続運転は、まず集中力の低下を招きます。すると自分が運転していると言うことに対しての集中力も低下していき、つい眠気に誘われてしまうと言う可能性も強くなります。また運転は、緊張を強いられることです。そのため自覚している以上に、肉体や精神は疲れていきます。そしてそれがピークに達すると、自分でも知らない内に、うとうとし始めることもあります。こうしたことを防ぐためには、適度にリラックスをすることが重要で、そのためにはこまめな休憩をとるのが必要不可欠と言うわけです。長時間の連続運転をする場合には、1~2時間に1度は、15分以上の休憩をとることが望ましいとされています。ですがこれはあくまでも目安です。高速道路などでは、混雑状況によっては休憩をとりたくてもとれないと言うことも考えられます。そうした場合に備え、とれる時にできるだけこまめにとっておくことが必要です。そして勿論、集中力の欠如や疲れが自覚できるくらい強い時は、速やかにこれをとらなければいけません。休憩時には、体をほぐす、水分補給をする、また遠くを見つめて目の疲れを癒すことなどがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿