黄色信号で交差点を通過した場合

黄色信号で交差点を通過した場合、原則はこの場合は停止する必要があります。しかしながら、停止するのが無理な場合にはそのまま進まないと後続車が追突をする可能性もあり、原則は原則としてやむを得ずそのまま通過してしまう場合も現実的にはあり得ます。

歩道などでも同様のことが言えます。黄色や点滅の場合には基本は渡らずに次に青になるまで待つというのが正解です。しかしながら歩いて渡っている最中に点滅しだした場合には、戻れる状況であれば戻る日もまれにはいるかもしれませんが、普通はそのまま進んで渡ってしまうことになります。
本来守るべき交通ルールですが、守るところはしっかりと守っているのが日本人です。しかしながら、微妙なところは法令よりも実態に即して行動している人が多くいます。

こうした交通ルールなどをしっかりと遵守しているのは日本人くらいのものですから、他国ではこうした交通ルールを日本と同じような感覚で守っていると、逆に交通事故や交通渋滞になってしまう事があります。韓国や中国などではその国柄として、国同士の守るべき国際ルールすら守れない国などもありますから、自分さえよければ主義の国々が多いということにも気を付ける必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿