飲酒運転がNGな理由について

車を運転する人は、自分の命のみならず周りの人の命の大切さを認識する必要があります。しかし取り締まりが厳しくなっても、後をたたないのが飲酒運転による交通事故です。では、なぜ飲酒運転はNGなのでしょうか。それはお酒が入ると、的確な判断を行うのが難しくなるからです。ひどいときには、信号機の色さえも識別できない場合があります。さらには横断歩道を渡ってる歩行者さえも気づかずにはねてしまうという危険もあります。なおひどいことに、お酒が入っていると、人をはねたことに気づかないでその場からかなりの距離を走行してしまうという危険もあります。大変恐ろしいことです。さらに、運転していて人をはねたことに気づいていはいたものの、お酒を飲んで運転していることがばれるのが怖くて、現場から逃げてしまう加害者もいます。そうなると当然被害者の容体は悪くなってしまいひどいときには命さえ失う可能性があります。それで事故を起こしてからでは遅いですので、交通事故を起こす前にきちんと責任を持って運転するようにしましょう。これからの時期お酒を飲む機会が増えますが、ドライバーはお酒を飲んだ後は絶対にハンドルを握らないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿