意外と忘れている道路標識の意味

自動車に乗って安全な運転をして行くためには、目視による歩行者の確認をしたり、道路標識に従って正しく運転することが重要です。ただし、意味を忘れていることがありますから、十分注意が必要です。完全に忘れていることもあれば、覚えているようでいて、実は間違って覚えていると言ったパターンもありますから、取り返しのつかないことが起きる前に復習しておきたいところです。
例えば、青地に白抜きの矢印と言えば一方通行の道路標識ですが、これは車両の通行を一つに限定していることを示す標識です。そして、この出口付近では、車両進入禁止の道路標識が設置されているのが通常です。ただし、自転車を除く、と言った表示や、自動車(2輪を除く)と言った表示がされていることがあります。中には時間の指定の表示がされていることもあります。
この場合にはその表示通り、該当する車両が反対方向から走行してくることになりますから、十分注意が必要です。また、普通の一方通行だとしても、見落としにより反対から走行してくることがないとは言えませんから、危機意識は忘れないでおくことが重要です。
そして、意外と忘れがちなのが、一方通行によく似た道路標識です。それが、左折可で、一方通行と逆で、白地に青抜きの矢印が描かれています。
この表示がある場合には信号に関わらず左折が可能となります。ただし、合流先から車が来ることがありますし、その車が優先となるため、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿