普通自動車の免許取得について

普通自動車の運転免許は一般的には自動車教習所などで学んだり、運転操作を学ぶなどして仮免許を取得し、その後卒業試験に合格の後に運転免許センターなどで試験を受けて合格すれば、取得できるというのが一般的な流れです。無論、教習所を通さずに合格を目指す人もいますが、この場合は運転免許センターで厳しい実技を受けなければならず、最近ではその数は減少傾向にあるとも言われているところです。
普通自動車にしろ軽自動車にしろ、普通運転免許試験に合格すれば運転ができるようになります。この運転免許はあくまで普通自動車のみであって、大型トラック等の運転免許やバスなどの場合は、普通自動車の運転免許取得後に改めて別の試験に合格しなければいけません。
この運転免許試験では、学科と実技との両方があるわけですが、実技については教習所から取得した場合は教習所で合格していれば事足りるもので、運転免許センターでは学科試験のみに合格すればよいものです。なお、学科試験日は午前中に試験があり昼までに合否が発表され、午後に注意点等の話があってその後免許証を受け取って、午後2時から3時頃にはすべて終了になるというのが一般的な流れになっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿