行政処分について|追い越し禁止違反

追い越し禁止違反はそれなりに検挙件数が多い違反です。追い越しが違反となるケースは追い越し禁止の道路での追い越しと2台以上の追い越し、そして二重追い越しなど追い越しにより危険が生じるような状況での追い越しなどです。この追い越し禁止違反で検挙されるケースとしては偶然警官に見られていたというケースもありますが、多いのは追い越し禁止が多発している場所での取り締まりで白バイが取り締まっていたりしますし、大規模な取り締まりが行われる場合もあります。何より検挙されない様に運転しなければなりませんが、もし検挙された場合のこの追い越し禁止違反の行政処分は反則点が2点、反則金が9千円となりそれほど重いわけではありません。他に違反が無ければ一発免停などという事も無いですし反則金のダメージも大きくはありません。点数あと僅かという場合でもなければあまり重いものでもありませんが、もし反則金を支払わなかった場合は3月以下の懲役または5万円以下の罰金となってしまいますので気を付けて運転しましょう。ちなみに標識にもよりますが原付や自転車、歩行者などを追い越す際は追い越し禁止区間でも右車線にはみ出さなければ違反にはなりません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿