ATフルードの交換について

 ATフルード(Automatic transmission fluid、自動変速機油)は、AT車の自動変速機の内部で使用されているオイルの一種です。その主な役割は、自動変速機の動作を潤滑に行うことであり、これによって、変速をはじめとする自動変速機の動作がスムースに行われることになります。

 しかし、長期間の利用によってATフルードは劣化して行きます。そうなると自動変速機の動作にも支障が生じ、事故の原因にもなりかねませんので、その場合は交換が必要となります。その時期としては、走行距離ならば数万キロ、年数については数年単位が目安となりますが、利用状況などで交換時期は大きく変わってくるため、一概には言えません。不安であれば、業者などに確認してもらった方が良いでしょう。

 また、ATフルードは、エンジンオイルとの区別のために着色されていますが、劣化すると透明度を失い、黒ずんできます。替え時の目安としては、こちらの方が確実であると言えます。ただし、あまりにも長年交換してない場合は、自動変速機の内部に蓄積されていたゴミが交換の際にかき回され、バルブなどに詰まってしまうこともあるため、交換はせず、自動変速機そのものを買い替えた方が良いと言われています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿