4ドアの車の代表車、セダン

椅子と観葉植物クルマには用途に合わせて、様々な形があります。大人数が乗ることを第一目的として作られているワンボックスもあれば、荷物をたくさん積むことを目的に作られているワゴンやおしゃれでスポーティなクーペなどもあります。しかし、クルマの代表車なスタイルといえば、やはりセダンになるでしょう。人気の面ではワンボックスやSUVに押されている感がありますが、クルマとしての総合的なバランスに優れているのはやはりセダンになります。

セダンというのは、別名3ボックスと呼ばれます。これはエンジンルームとキャビンと荷室の3つのボックスから成り立っていることを意味しています。ちなみに、ワゴンやハッチバックの場合は2ボックスになります。セダンのメリットはキャビン空間が独立しているために、静粛性に優れ、安全性が高く、また走行性能においてもバランスの良い走りが可能となることです。セダンの多くは4ドアですが2ドアセダンと呼ばれるクルマもあります。3ボックススタイルは、大胆なスタイルにデザインしにくいので、同じような感じのクルマが多くなってしまい、面白くないと評される場合も少なくありませんが、逆に落ち着いて飽きの来ないデザインとも言えます。花瓶01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿