交通違反の種類について

a0001_008109自動車を運転することによる交通違反には100以上の種類があります。
飲酒に関する違反は多くの人が知る所です。アルコール濃度を検知した数値により決まる「酒気帯び運転」と飲酒により明らかに運転できない状態の「酒酔い運転」は違反点数こそ違いますが、0.25mg/l以上の酒気帯び運転や酒酔い運転では一発で免許取り消しになります。

また最近テレビのニュースでよく報道されている「麻薬等運転」については酒酔い運転と同様に違反点数が35点と最も高くなります。
「スピード違反」についてはスピード超過分に応じて点数が決められていますが、制限速度を50km以上オーバーすると違反点数は最大で12点になります。
他にも「信号無視」「一時停止違反」「駐車禁止場所違反」「チャイルドシートやシートベルトの着用義務違反」「運転中の携帯電話の使用」「駐停車違反」「整備不良」などは違反に応じて1~3点の違反点数が付けられます。

累積した違反点数により、更には過去3年以内の違反の回数によって免許停止になったり取り消しになることがあり、詳細は警視庁のホームページなどで確認することができます。
違反によっては違反点数だけでなく反則金が付く場合もあるため十分に注意しましょう。